生え際の薄毛は改善が遅い、その原因とは?

生え際の薄毛は改善が遅いのですが、それはなぜでしょうか。牽引性脱毛症では髪の毛を強く後ろに引っ張る髪型で固定していることが原因です。

Man loosing hair, baldness

また、ファンデーションとか洗顔剤を洗い残した場合には毛穴が詰まって薄毛の原因になります。それからヘアカラーとかブリーチを使うことによる頭皮へのダメージもその原因といえるでしょう。

そして、これらのような人為的なもの以外での原因として考えられることがあります。それは髪の毛に送られる栄養と酸素が不足していることにあります。

髪の毛の成長には毛根の中の細胞分裂が必要です。毛根中の細胞分裂には栄養と酸素が必要なのでそれが不足すると薄毛になってしまうのです。毛根が成長するには血管が必要だということなのです。栄養も酸素も血液中にあり、血管を通ることによって始めて運ぶことができるのです。

元々、頭皮には毛細血管が少ないので血流も少ないのです。特に生え際は毛細血管は少なくなっています。このように血流が小さいと栄養と酸素を効率的に運びにくくなります。

生え際に効く育毛剤ランキング「育毛Gメン」

それに加えて頭皮は筋肉が少ないので血行とか代謝が極端に悪くなってしまいやすいのです。さらに言うと、生え際にある毛根はその他の頭頂部とか後頭部などの部位と比較すると浅いところにあります。

そのためドライヤーなどの外部による刺激に弱くなってしまうのです。そこで薄毛をよくするためには生え際の血行を促進することが有効です。生え際の血行を促進するには育毛剤を使うのがいいでしょう。育毛剤によって栄養補給と血行促進を促すことによって薄毛を改善することが期待できるのです。

生え際を改善するための育毛剤は特に市販されていません。生え際育毛剤のランキングサイトなどを見ても、生え際だけに効くものはなく、すべての状態で使えるものとされています。

他の部分よりも改善するのが遅い生え際のためには育毛剤は使用感でなくてその効果に重点をおいて選ぶようにしましょう。香りや塗り心地がいいということよりもその配合されている成分や浸透性などの効果にフォーカスすることが重要なことといえます。

カテゴリー: 薄毛対策の知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です