産後の抜け毛で薄くなった前髪を目立たなくする髪型は?

出産後数か月たって自分の抜け毛の多さに驚く女性は多いです。妊娠したときにはホルモンの関係で抜け毛は少なくなっていますので、それと比べてもすごく毛が抜けていると思うでしょう。

産後の抜け毛の量や期間は個人差がありますのでどうしようもないのですが、いつかはおさまるものと思って割り切って生活しましょう。あまり自分の薄くなった髪の毛のことで悩んでしまいますとそれ自体がストレスになってしまい、頭髪に悪影響です。

istock_000015396060_small

産後は育児に忙しく、自分の髪型などを気にする余裕がないという人もいるでしょう。できれば薄くなった前髪を目立たなく見せたいものです。まず一番NGなのが、無造作にゴムでくくってしまうことです。髪の毛はひっぱられるとダメージになりますのでなるべくはゴムでしばったり、ピンでとめないようにすることがおすすめです。

出産前に髪の毛を切りに行く余裕がなかったという人は少し伸びてきて髪の毛がうっとおしく感じゴムなどでしばってしまっているかもしれません。

もし可能であれば一度美容院にいってカットしてもらうのが一番ですが、赤ちゃんを連れてなかなか難しいでしょう。その場合はセルフカットもおすすめです。前髪だけでしたら失敗するリスクも低いですし、すぐに伸びてくると思えば気になりません。

長い毛をくくって薄い部分をかくそうとせずに、自然におろせるような長さにするとよいでしょう。前髪と後ろ髪の分け目の部分をあまりはっきりとつけないようにするほうが薄毛は目立ちにくいです。

育児に髪の毛が邪魔だという人も多いのでずっとくくっていることもあるかもしれませんが、くくるときにも極力ゆるめでゴムではなくやわらかいシュシュやバレッタで軽く止めるくらいにしておくと髪の毛への負担も小さいです。

産後の抜け毛は誰もが通る道ですので落ち込む必要はありません。出産した勲章と思えばよいのです。産後はストレスや睡眠不足、栄養の偏りなど頭皮にダメージを与える行動に陥りやすいですが、できるだけ避けるようにしましょう。

カテゴリー: 薄毛対策の知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です